雷乃発声

3月30日から今日までは七十二候の『雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)』でした。

その通りの感じで、昨日までの数日雷鳴が聞こえる雨模様の日が続いてました。

今日は時間と共に晴れ間が広がり、北寄りの風は弱く過ごしやすい一日に…。

明日からは『玄鳥至(つばめきたる)』となり、またワンステップ季節が進みますね。

そのスピードはゆるやかになりそうですが、穏やかな空模様が続きそうです。

燕は来ていませんが、我が家の庭の木ではメジロが巣を作っています…。

週末は風廻りかな…

心地良い凪の日が続いてます。

陸上もすっかり春、というか初夏って感じの日々。

『うりずん』ですね。

『うりずん』は『潤い初め』が語源とされる言葉で、冬が終わり大地に潤いが増してくる時期のこと。若葉がいっせいに咲き、草花が彩りを増して大地を潤す季節。旧暦2月~3月の頃をいいます。

明日は春分ですね。

でもこの旧暦2月は『二月風廻り(ニンガチカジマーイ)』の時期でもあります。

旧暦2月頃吹く風のことで、東シナ海で発生した低気圧が急速に発達しながら通過し、天候を急変させたりします。

日曜日の予報は南西の風のち北の風。波は1mのち3m。

風の変化に注意が必要な週末になりそうです。